人工芝フラフィーターフ|人工芝の施工方法

ふわふわな人工芝

人工芝の設置工事を行います

 

A 一般的な人工芝の施工法

→ 下地を作る

1. 雑草・砂利などを出来る限り取り除きます。デコボコを大まかに均します。

2. 砂を敷き詰めてさらに均します。タンパーなどで地面を叩いて締固めます。

3. 防草シートを敷き詰めます。

→ 人工芝を敷く

4. 人工芝のロールを開いて、フチに出ている基布をカッター等で裏側から切り落とします。

5. 人工芝を敷きます。複数のロールを敷く場合は芝の縦横とロールでつぶれて芝が寝ている向きを合わせて仮に並べます。

6. 継ぎ目を5mm程度の隙間が空くように調整します。その後に芝をめくって裏側にジョイントテープを貼ってずれないようにします。

7. 角やフチを敷地に合わせて人工芝をカットします。カットは裏側からカッターを使って人工芝をめくるようにして行います。

8. フチとジョイントに40~50㎝程度の間隔でピンを打ちます。出入りする場所などにはより細かくピンを打ちます。 ピンが芝を潰さないように芝を起こしながら打つとピンがほとんど見えなくなります。

9. 隆起や傾斜がある場合など、状況に応じて要所要所にピンを打ちます。

10. 特に寒い時期にはロールでつぶれた芝が寝たままになっていますので、デッキブラシなどを使って芝を起こしながら清掃して仕上りです。

B フラフィーターフ自社施工の標準項目

弊社でフラフィーターフの施工を行う場合は上記Aの一般的な作業に加えて下記の内容を標準化しています。

→ 下地に再生砂と転圧機を使う

下地にはコンクリート再生砂を使用します。コンクリート再生砂は施工直後から硬化し数日かけて強度が増します。地面の状況に応じて路盤材や砕石も使用します。 締固めには転圧機(プレートコンパクター)を使用して頑強で平らな下地を作ります。

→ 上質な防草シートを使う

一般的な織布のものではなく人工芝の下では半永久的な耐久性を持つ不織布防草シートを使用します。

→ 仕上げにパワースイーパーを使う

人工芝専用ブラシマシン「パワースイーパー」を工事の仕上げに使用し、美しく芝が起き上がった状態にしてお引渡しいたします。

→ パワースイーパーの詳細を見る

C 自然な隆起や傾斜を作ります

起伏のある人工芝

隆起や勾配のある地面を覆う人工芝は、特に見せる空間に効果絶大です。

リビングルームから見えるお庭の一角やエントランスの脇などに立体感のある常緑のスペースを設けることで、一年中雑草を気にしない彩りある空間をご覧になることが出来ます。

小さな丘のようにこんもりとしていたり、ボーダーからはみ出さんばかりに盛り上がっていたりと、私達は天然芝の自然で力強い姿を再現しながらの「見せる人工芝」の施工にも積極的に取り組んでいます。

D 駐車場にフラフィーターフを敷くには

車を停める場所や車が通り抜ける場所にフラフィーターフを設置する場合は、特にタイヤが乗る部分を中心に珪砂を充填します。 珪砂を充填することで芝の倒れやずれを防いで傷みを少なくすることが出来ます。

フラフィーターフはたいへん高密度のため芝の上に珪砂を撒いただけでは中々芝の奥まで入っていきません。作業の際はデッキブラシで砂を均すような感じで念入りにパイルを起こしながら珪砂を沈めて下さい。

工事参考価格表

20㎡未満 平米単価=¥4,500-(税別)
20㎡~50㎡ 平米単価=¥4,000-(税別)
50㎡超 お見積りいたします
現場の条件 地面が土の場合の一般住宅/再生砂をH30mm程度使用するとして
地面がコンクリートやアスファルトの場合は割安になります
※商業施設・大規模案件は別途お見積りいたします
価格に含む資材 防草シート(10年耐用不織布)
ジョイントテープ
接着剤
U字ピン・専用くぎ
コンクリート再生砂
価格に含まない資材 人工芝本体
工事項目 A=価格に含まれます
B=価格に含まれます
C=作業の量により別途費用が発生する場合があります
D=別途費用が発生いたします
※項目ごとの内容は上記本文をご参照下さい
価格に含まれない作業等 過度の抜草作業
過度の抜草処分
残土の処分
交通費等の諸経費

施工エリア

弊社で施工に伺えるエリア/東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬・山梨・静岡東部・長野東部